FRUIT BLITZ フルーツブリッツ 60ml GRAPE マンゴーグレープ ベプログオリジナルユニコーンボトル付き MANGO 本日限定 1288円 FRUIT BLITZ フルーツブリッツ 60ml ベプログオリジナルユニコーンボトル付き (MANGO GRAPE マンゴーグレープ, 60ml) ドラッグストア 電子たばこ・加熱式たばこ・禁煙サポート 電子たばこ・リキッド 1288円,60ml,/epithetically217657.html,ihappyeaster.com,フルーツブリッツ,GRAPE,60ml),(MANGO,ドラッグストア , 電子たばこ・加熱式たばこ・禁煙サポート , 電子たばこ・リキッド,FRUIT,ベプログオリジナルユニコーンボトル付き,BLITZ,マンゴーグレープ, 1288円 FRUIT BLITZ フルーツブリッツ 60ml ベプログオリジナルユニコーンボトル付き (MANGO GRAPE マンゴーグレープ, 60ml) ドラッグストア 電子たばこ・加熱式たばこ・禁煙サポート 電子たばこ・リキッド 1288円,60ml,/epithetically217657.html,ihappyeaster.com,フルーツブリッツ,GRAPE,60ml),(MANGO,ドラッグストア , 電子たばこ・加熱式たばこ・禁煙サポート , 電子たばこ・リキッド,FRUIT,ベプログオリジナルユニコーンボトル付き,BLITZ,マンゴーグレープ, FRUIT BLITZ フルーツブリッツ 60ml GRAPE マンゴーグレープ ベプログオリジナルユニコーンボトル付き MANGO 本日限定

FRUIT BLITZ フルーツブリッツ 60ml GRAPE 毎日がバーゲンセール マンゴーグレープ ベプログオリジナルユニコーンボトル付き MANGO 本日限定

FRUIT BLITZ フルーツブリッツ 60ml ベプログオリジナルユニコーンボトル付き (MANGO GRAPE マンゴーグレープ, 60ml)

1288円

FRUIT BLITZ フルーツブリッツ 60ml ベプログオリジナルユニコーンボトル付き (MANGO GRAPE マンゴーグレープ, 60ml)

商品の説明

種類:MANGO GRAPE マンゴーグレープ  |  サイズ:60ミリリットル (x 1)

VAPE EMPIRE傘下の「FRUITY BLITZ」

リキッドの宝庫「マレーシア」で見つけた激ウマリキッドです。
重厚感のあるヤミツキ系フルーツ。
清涼感もあり、後味はヒンヤリ。
余韻の残るフルーツの甘さとの相性も抜群。

FRUITY BLITZとは:VAPEMPIRE傘下の「ICE BLITZ」や「MONSTAVAPE」の姉妹ブランド「FRUITY BLITZ」

ブランド:FRUITY BLITZ(フルーティーブリッツ)
容量:60 ml
主成分:植物性グリセリン / プロピレングリコール / 香料
ニコチン:0 mg ※こちらの商品にはニコチンは一切含まれておりません。
配合:-非公開-
国:マレーシア

取り扱いリキッド:
【MANGO GRAPE マンゴーグレープ】????????
●マンゴー×グレープの強烈なミックスジュース!
●果汁感の強いリアルマンゴーにグレープソースをトッピングしたフルーツフレーバー。
●マンゴー好きに絶対試してほしい、吸いごたえMAXなヤミツキ系ミックスジュース。

FRUIT BLITZ フルーツブリッツ 60ml ベプログオリジナルユニコーンボトル付き (MANGO GRAPE マンゴーグレープ, 60ml)

新しい技術

  • AMDとインテル:プロセッサーはウイルスと戦う?

    AMDは最近、Athlon 64プロセッサには現在のシステムでまだ悪用されていない機能があると報告しています。 「実行保護」と呼ばれるこの技術は、Athlon 64プロセッサを搭載したPCを、「バッファオーバーフロー」技術を使って攻撃を仕掛けるウイルス/ワーム攻撃から保護する必要があります。 このテクニックは、昨年、大きな打撃を受けたウイルス/ SoBigとBlasterによって使用されていました。 AMDは、マイクロソフトによってリリースされたパッチの50%近くが、一部のプログラムがPCの特定の「ゾーン」への書き込みアクセスを完全に阻止する「実行保護」テクノロジでは必要とされないと述べている。 Intellaは、次のプロセッサであるPrescott(2月にリリース予定)と同様の保護技術を提供すると述べた。 ただし、これらの保護を利用するには、2004年春夏期に計画されているWindows XP用MicrosoftのServicePack2の到着を待つ必要があります。 これらの技術を統合すれば、自発的に「バッファオーバーフロー」を引き起こすプログラムの円滑な実行が妨げられる可能性があります。

    続きを読みます »
  • AMDとインテル:プロセッサーはウイルスと戦う?

    AMDは最近、Athlon 64プロセッサには現在のシステムでまだ悪用されていない機能があると報告しています。 「実行保護」と呼ばれるこの技術は、Athlon 64プロセッサを搭載したPCを、「バッファオーバーフロー」技術を使って攻撃を仕掛けるウイルス/ワーム攻撃から保護する必要があります。 このテクニックは、昨年、大きな打撃を受けたウイルス/ SoBigとBlasterによって使用されていました。 AMDは、マイクロソフトによってリリースされたパッチの50%近くが、一部のプログラムがPCの特定の「ゾーン」への書き込みアクセスを完全に阻止する「実行保護」テクノロジでは必要とされないと述べている。 Intellaは、次のプロセッサであるPrescott(2月にリリース予定)と同様の保護技術を提供すると述べた。 ただし、これらの保護を利用するには、2004年春夏期に計画されているWindows XP用MicrosoftのServicePack2の到着を待つ必要があります。 これらの技術を統合すれば、自発的に「バッファオーバーフロー」を引き起こすプログラムの円滑な実行が妨げられる可能性があります。

    続きを読みます »